歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士は、厚生労働省が定めた指定の養成学校で3年の修業をし、
国家試験に合格した者のみがなることができる資格です。
仕事内容は3つに分けることができます。

1つ目は、歯科診療の補助です。
歯科医師の診療を補助し、治療を進めるサポートを行います。
具体的には、バキュームの操作や、必要な器具の受け渡しです。
歯科医療はチーム医療であるために、円滑に治療を進めるには歯科衛生士の存在が欠かせません。

2つ目は、歯科予防処置です。
虫歯や歯周病にならないように、フッ素を歯に塗布したり、
ついてしまった歯石の除去を行う予防処置をします。
日本人のほとんどが、虫歯や歯周病によって歯を失っているために、
これらの病気を予防することで、自分の歯を健康に保つことが可能です。

3つ目は、歯科保健指導です。
虫歯になってしまった歯は、そのままにしておいても治ることはありません。
健康な状態に保つためには、歯磨きが欠かせませんが、
お口の中の状態はひとりひとり異なります。
歯磨き指導を通して、患者さんのお口に合った磨き方を提案します。

このように、多くの業務を行う歯科衛生士は歯科医院に必要な存在です。
求人も多く出されており、活躍の場は多いです。

おすすめの科衛生士の求人募集・求職なら「歯科衛生士求人.com」について